宗教法人様の退職金と保障


宗教法人様の保険について

 

御住職が亡くなった場合、浄土真宗本願寺派では後継者が僧籍を取得し、祭儀を取り仕切るまでの間、近隣寺院の住職が兼務する慣習がありますから、遺された住職の家族は引き続きお庫裏に居住することができます。

 しかし、他宗派の多くは、近隣寺院の住職が兼務してくれる制度がなく、本山より新しい住職が派遣されて来ます。この場合、遺された家族はお庫裏を出なければなりません。

 

御住職の退職金、個人年金や寺院の火災保険見直し、これに御家族の生活保障は十分でしょうか?

遺された家族が経済的に余裕ある生活を営む保険金額でしょうか?

 

現在の資産をどれだけ効率よく運用するか、安全性の高く、比較的高い運用利回りで、御住職の勇退退職金準備も兼ねて生命保険を提案させていただきます。

 

他に存命中に三大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)や介護状態に対応した保険も多くございますので、今一度、御検討する価値があると思います。

 


この記事の著者

法人の節税保険経営コンサルタント

オーナー経営者・中小企業・医療法人の 理事長・院長向けの生命保険を使った節税対策をご紹介。節税マニュアル無料配布中! 節税対策の法人保険の無料相談受付中!100社以上の実績!法人税相続税節税の決算対策が期末直前でも出来ます。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る