法人保険の無料相談!決算対策の生命保険活用法


期末直前でも導入可能な決算対策!!

今期だけの大幅利益!支払い1だけの決算対策を紹介します!(2017ver)

経営者必見!目からウロコの最新の法人保険の活用方法

無料で医療費・所得補償を手に入れる方法を教えます!

現金100%還元される究極の節税法!(円建て OR ドル建て)

手取りが変わらない“社会保険料の削減方法”を教えます!!

役員ボーナスで全額損金の節税効果が出る方法!!

退職金制度向けの新しい産運用型商品(50%損金)をご案内!

手許のキャッシュを使わなくても、節税できる決算対策!

保険料を安くして、解約金を150%にする方法

資料請求

支払い1回の決算対策

支払い1回の決算対策

今期だけ大幅に利益が出たときに使える、
支払い1回の決算対策です。全額損金の貯蓄型生命保険の場合、80~85%の返戻率があります。(*国内で認可を受けた金融商品を使いますので、ご安心ください。)
仕組みによってはピーク時90%~95%の返戻率にすることができます。
また某有名ホテルチェーンが採用している即時償却プランでは、100%損金で、100%の返還率があります。
短期払いを希望の経営者様のニーズに合わせた、オーダーメイドの節税対策を組むことができます。

*手許のキャッシュを使わなくても導入出来ます。


全額損金の法人保険

全損保険の一括見積もり

キャッシュフロー経営戦略!

中小企業経営者の避けて通れない問題解決を実現します!

結果に差が出る、高キャッシュフロー率を誇る全額損金での決算対策を提案します。

時代とともに経営環境も激変します。先行き不透明感が増すばかりの経営環境を見据え、好況のときに、今こそ「資金」と「利益」を帳簿外で蓄えておくべき時です。

その具体的的な対策が、「全額損金保険の決算対策プラン」です。

全額損金の生命保険とは?・・・

全額損金型生命保険で決算対策をご検討の経営者様に投資効果が最も高い商品を40社の中から一括見積もり致します。60代の方でも90%超の高い単純返戻率でキャッシュを積み立てることが可能です。既往歴(がん・心筋梗塞・脳卒中など重大な持病etc)があったとしても加入できる可能性があります!

 

儲かる節税

社長の可処分所得を増やす節税方法です。
現行法に沿った合法的な節税を行います。社長・法人の資産運用にもおすすめです。(*海外金融商品ではなく、国内で認可を受けた金融商品を使いますので、ご安心ください。)

 

社会保険料削減方法

 手取りを変えずに社長、役員のみや会社全体の社会皆保険料を合法的に適正化する手法です。

現在の傾向では、法人税の減税と所得税の増税の影響から、会社の利益をゼロにして目一杯役員報酬を取るという方法は有効ではなくなってしまいました。なぜなら個人所得税のほうが課税が重くなったからです。また同時に毎年増加する社会保険料ものしかかってきます。

そこで御紹介するのが、年収を変えずに、法人と個人の支出を1円も変えず、社会保険料だけを大幅削減して手元に残るキャッシュを増やす方法です!!

年収と手取りを変えずに社会保険料の削減をすることができる方法。(削減効果は報酬によりますが、一人当たり概ね100~300万円ほどです

社会保険料が最大50%超安くなるノウハウが手に入ります!!
(*この手法は必ずしも生命保険を使用するわけではありません)
かんたん無料診断受付中!
*個別詳細診断は別途有料となる場合がございます。

法人保険 | 所得税減税・総報酬最大化

経営者保険で節税効果を最大化

 今までの節税法には前提がありました。それは、会社に利益を残すよりも役員報酬で取ったほうが税金が安いという節税対策でしたが、それが税制改正により、限界的な適用しかできなくなってしまいました。つまり法人税が引き下げられ、個人の所得税に大きく課税されることになり、役員報酬を上げ、法人の利益を少なくするスキームは個人法人を一括りに考えると、手取り額が減少してしまいます。
そこで、新税制に対応した、これまでと異なるアプローチで総報酬をトコトン増やそうという方法を採用しました。

 

節税対策・手取り最大化完全ガイド

社長の可処分所得を徹底的に増やす方法

~なぜ稼いでもお金が残らないのか?~

「稼いでもお金が残らない…」これが日本全国ほとんどのオーナー社長が抱える悩みです。オーナー社長であるなら誰もが手元に残るキャッシュを増やしたいと 考えています。なぜなら、会社に何かあったとき最終的に頼れるのは社長自身の資産だからです。
通常、社長の手取りを増やすには社長の役員報酬を上げるしかありません。しかし、役員報酬を上げれば、そこには「税金」と「社 会保険料」の高額な負担が待っています。国は「給与所得控除」の縮小などで個人の課税を強化していますし、 社会保険料も平成 29 年度まで増え続け、最終的に労使合計で約 31.5%もの負担になります。
そうかといって、単純に役員報酬を減らせば「税金」と「社会保険料」の負担は減りますが、同時に手取りも減っ てしまいます。役員報酬を削減した場合、減らした分、法人の利益が増えて課税されるケースもあるでしょう。

では、具体的には、どうやって社長の手取りを増やしていくのか?

それを解説するのが、この節税対策・社長の可処分所得最大化プランです。以下のとおり、社長の可処分所得を最大化する方法は大きく4つあります。うまくすれば1つの手法だけで年間数十万円から数百万円の手取りを増やすことができます・・・。

無料相談
その他メニューですが・・・

無料で医療費・葬儀代を手に入れる方法
役員ボーナスを全額損金で手に入れ、同時に社会保険料を削減する方法
保険料を安くして、解約返戻金を1.5倍にする方法
オーナー経営者個人の資産を非課税で相続する方法
80歳を過ぎて、相続対策に効果的な節税方法・・・・etc

これらはいずれも巷にありがちな節税方法ではありません。
もちろん、すべて国内で認可を受けた商品・仕組みを使用して、通達・判例等に沿った、正当で合法的な方法で対策するだけです。

もっと具体的に、自社を想定して実質投資効果を聞きたい、どれくらいの効果を生み出せるのか、決算で利益が出たので、節税保険を検討しているので仕組みを教えてほしい、導入に関する詳細については、節税保険コンサルタントにお聞きくださいませ。

詳しくは「節税保険コンサルタント」にお聞きくださいませ。

本サイトでご紹介しているスキームを全て実行できるのは、当サイトがご紹介する、節税保険コンサルタントだけです。

御相談の流れ                        

1.メールもしくはTELにてお申込
まずはメールかTELでお問合せください。

         

2.節税保険コンサルタントのご紹介
担当する節税保険コンサルタントより24時間以内にご連絡させていただきます。

            

3.ニーズの把握。ご説明
まずは、貴社の状況を把握するため、現状や希望をお聞かせください。
貴社に合わせたコンサルティングを行うため、原則面談にてお話を伺わせていただきます。
その後節税方法やシミュレーションについてご説明させていただきます。
ご納得いただけましたら、手続きを進めさせていただきます。

お急ぎの場合、最短1での節税手続きも可能です。

無料相談

よくある質問

1.全国対応とありますが、交通費などの実費の請求など、ありますか?
⇒ありません。全くの無料ですので、ご安心くださいませ。住所などは事前に確認いたしますので、ご安心くださいませ。

2.資料のみを郵送してもらうことは可能ですか?
⇒大変申し訳ございません。原則として、面談ヒアリングをさせていただいてから貴社向けコンサルティング資料を作成し、それからご案内となりますので、資料だけの送付は対応しておりません。面談していただける方のみ、お得な仕組みを手に入れることができます。

日本全国対応!

きっと満足していただける最新情報をお届けできると確信しております。お気軽にお問い合わせくださいませ。


この記事の著者

法人の節税保険経営コンサルタント

オーナー経営者・中小企業・医療法人の 理事長・院長向けの生命保険を使った節税対策をご紹介。節税マニュアル無料配布中! 節税対策の法人保険の無料相談受付中!100社以上の実績!法人税相続税節税の決算対策が期末直前でも出来ます。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る