法人保険の無料相談!決算対策の生命保険活用法

最短一日でも導入可能な決算対策!!

社長の可処分所得を増やすプランを紹介します!(2019ver)

経営者必見!目からウロコの最新の法人保険の活用方法

無料で医療費・所得補償を手に入れる方法!

社長の可処分所得を増やす方法

手取りが変わらない“社会保険料の削減方法”!!

役員ボーナスで全額損金の節税効果が出る方法!!

退職金制度向けの新しい産運用型商品(50%損金)をご案内!

手許のキャッシュを使わなくても、節税できる決算対策!

保険料を安くして、解約金を150%にする方法

資料請求

無料相談いただいた方全員に
ご希望の節税・経費削減のノウハウ満載の小冊子をプレゼント!

いただいたご相談には24時間以内にご返信させていただきます。

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

また問い合わせの際は必ず『会社名』をお告げください!!

令和時代の法人保険

目からウロコ!返戻率90~95超のプランA&200%のプランB

1,000件以上の実績を活用し

税理士・会計士・保険のプロも知らない決算対策向け保険で

社長の可処分所得と会社の資産を残すバックアップをします。

まだまだ節税対策に使える保険があるんです!

もちろん、万一の保障も付帯しております。

目からウロコ!返戻率90~95超のプランA&200%のプランB

1,000件以上の実績を活用し

税理士・会計士・保険のプロも知らない決算対策向け保険で

社長の可処分所得と会社の資産を残すバックアップをします。

まだまだ節税対策に使える保険があるんです!

もちろん、万一の保障も付帯しております。

保険料の支払いが最短4年と短期なので、キャッシュフローも傷まないし、5年目以降の支払いを心配することはありません。また返戻率もオペレーティングリースや株・債券と違って基本的にシュミレーション通りなので、安心して導入することができます。

全損保険消滅後の決算対策向け生命保険

「福利厚生プラン」は、退職金制度や弔慰金・見舞金制度の資金準備に適したプランです。会社にとって重要な人材の確保と定着のための福利厚生制度を充実するプランです。

決算対策に使われる生命保険として伝統的に導入されてきたのが、養老保険です。これは福利厚生目的の従業員退職金として、生存と死亡の両方が必要になるので、昔から養老保険が使われてきました。

お勧めのプランとしては、初年度から積立され、最低でも60~65歳までの保障を備え、損金効果のある商品がベースとなるでしょう。

最近の就業実態の傾向として、3年未満で退職、または転職の方が多いので、そのような傾向の会社には、3年満期の養老保険や投資運用型養老保険、確定拠出年金が良いかと思います。
3年満期の養老保険であれば、初年度から90%超あるので、短期で退職されても、個人法人双方とも掛け損ということがありません。

もちろん、3年後でも自動更新することができるので、長期間、解約金を91.5%以上に保ち続けることができます。もちろん、満期や保険金は会社のモデルに合わせて、設計することは可能です。短期払いを希望の経営者様のニーズに合わせた、オーダーメイドの節税対策を組むことができます。
*手許のキャッシュを使わなくても導入出来ます。

全額損金保険を超える103%損金保険全額損金の法人保険

損金103%とは・・・

目からウロコ!損金最大103%で、単純返戻率は最大95%!!

税理士・会計士・保険のプロも知らない、驚愕の節税方法とは・・・

社会保険料も下げる効果も!?

社長の資産を残すアドバイスをします。

まだまだ節税対策に使える保険があるんです!

もちろん、保障も以前の全損保険にあったような災害時だけの保障でなく、疾病時にも保障があります。

新しい節税スキームのメリット

  1. 初年度に大きく損金を取ることができます。
  2. 解約時期を10~20年後と選択できます。
  3. 保険料の支払期間はたったの4年間です。
  4. 解約金の受け取り方法も一括受取または分割受取、年など複数選択できます。
  5. もちろん、万一の場合の保障もありますので、企業継続に最適です。

来期以降、利益は出そうなので、少しでも利益を圧縮したい

自分の可処分所得を増やしたいが

税理士があまり節税に詳しくないので

節税対策のアドバイザーに相談したい社長に

他の節税対策とは圧倒的に違います!!

損害保険の一括見積で比較(決算期に損金計上)

中小企業の経営者の方々が抱える、事業保障、事業のリスクマネージメントに関する観点から、事業の損害補償に関する損害保険の各種類をご紹介いたします。

「企業向け損害保険の一括見積」は、中小企業が抱えるリスクや債務保証といった悩みに対して、企業のリスクを守る保険といった観点から、損害保険の具体的な用途や解決策として、リスクに対応する損害保険などに関して、有用な情報をご紹介するサイトです。

損害保険の種類

火災保険

施設賠償責任保険

生産物賠償責任保険(PL保険)

会社役員賠償責任保険(D&O保険) 

個人情報漏えい保険

取引信用保険

長期障害所得補償保険(GLTD)

IT賠償責任保険

労災上乗せ保険

外航貨物海上保険(貨物保険、海上保険) 

利益保険

自動車保険 

使用者賠償責任保険

IT賠償保険

社会保険料削減方法

 手取りを変えずに社長、役員のみや会社全体の社会皆保険料を合法的に適正化する手法です。

現在の傾向では、法人税の減税と所得税の増税の影響から、会社の利益をゼロにして目一杯役員報酬を取るという方法は有効ではなくなってしまいました。なぜなら個人所得税のほうが課税が重くなったからです。また同時に毎年増加する社会保険料ものしかかってきます。

そこで御紹介するのが、年収を変えずに、法人と個人の支出を1円も変えず、社会保険料だけを大幅削減して手元に残るキャッシュを増やす方法です!!

年収と手取りを変えずに社会保険料の削減をすることができる方法。(削減効果は報酬によりますが、一人当たり概ね100~300万円ほどです

社会保険料が最大50%超安くなるノウハウが手に入ります!!
(*この手法は必ずしも生命保険を使用するわけではありません)
かんたん無料診断受付中!

法人保険 | 所得税減税・総報酬最大化

経営者保険で効果を最大化

 今までの節税法には前提がありました。それは、会社に利益を残すよりも役員報酬で取ったほうが税金が安いという節税対策でしたが、それが税制改正により、限界的な適用しかできなくなってしまいました。つまり法人税が引き下げられ、個人の所得税に大きく課税されることになり、役員報酬を上げ、法人の利益を少なくするスキームは個人法人を一括りに考えると、手取り額が減少してしまいます。
そこで、新税制に対応した、これまでと異なるアプローチで総報酬をトコトン増やそうという方法を採用しました。
*記事内の一部は旧ルールでの記載となっております。現行ルールでは損金の数値が変わってきますので、ご注意ください。基本的な考え方に変更はありません。

 

節税対策・手取り最大化完全ガイド

社長の可処分所得を徹底的に増やす方法

~なぜ稼いでもお金が残らないのか?~

「稼いでもお金が残らない…」これが日本全国ほとんどのオーナー社長が抱える悩みです。オーナー社長であるなら誰もが手元に残るキャッシュを増やしたいと 考えています。なぜなら、会社に何かあったとき最終的に頼れるのは社長自身の資産だからです。
通常、社長の手取りを増やすには社長の役員報酬を上げるしかありません。しかし、役員報酬を上げれば、そこには「税金」と「社 会保険料」の高額な負担が待っています。国は「給与所得控除」の縮小などで個人の課税を強化していますし、 社会保険料も平成 29 年度まで増え続け、最終的に労使合計で約 31.5%もの負担になります。
そうかといって、単純に役員報酬を減らせば「税金」と「社会保険料」の負担は減りますが、同時に手取りも減っ てしまいます。役員報酬を削減した場合、減らした分、法人の利益が増えて課税されるケースもあるでしょう。

では、具体的には、どうやって社長の手取りを増やしていくのか?

それを解説するのが、この節税対策・社長の可処分所得最大化プランです。以下のとおり、社長の可処分所得を最大化する方法は大きく4つあります。うまくすれば1つの手法だけで年間数十万円から数百万円の手取りを増やすことができます・・・。

*記事内の一部は旧ルールでの記載となっております。現行ルールでは損金の数値が変わってきますので、ご注意ください。基本的な考え方に変更はありません。

 

無料相談

よくご相談いただく内容

"手取りを最大化する”役員報酬の最適給与シュミレーション
自社株分析シュミレーション
個人の確定申告対策
社長の年金対策
社会保険料最適化
相続・事業承継対策(個人&法人)「事業計画書作成など」
役員報酬最大化シュミレーション
経費削減対策シュミレーション

その他メニューですが・・・
オーナー経営者個人の資産を非課税で相続する方法
80歳を過ぎて、相続対策に効果的な節税方法・・・・etc

これらはいずれも巷にありがちな節税方法ではありません。
もちろん、すべて国内で認可を受けた商品・仕組みを使用して、通達・判例等に沿った、正当で合法的な方法で対策するだけです。

もっと具体的に、自社を想定して実質投資効果を聞きたい、どれくらいの効果を生み出せるのか、決算で利益が出たので、法人保険を検討しているので仕組みを教えてほしい、導入に関する詳細については、ご紹介するフィナンシャルアドバイザーにお聞きくださいませ。

お申込みの流れ

日本で数人しかいない法人保険に精通したプロの節税スペシャリストです。
本サイトでご紹介しているスキームを全て実行できるのは、ご紹介するフィナンシャルアドバイザーだけです。

まずは、貴社の状況を把握するため、現状や希望をお聞かせください。
貴社に合わせたコンサルティングを行うためと秘匿性が高いスキームのため

原則面談にてお話を伺わせていただきます。
その後節税方法やシミュレーションについてご説明させていただきます。
ご納得いただけましたら、手続きを進めさせていただきます。

お急ぎの場合、最短1での節税手続きも可能です。

*法人化されていない方、同業者・保険関連・金融関係の方はサービスの対象外となります。また、お電話される方は必ず法人名と会社電話番号を告げてくださいませ。

よくある質問

全国対応とありますが、交通費などの実費の請求など、ありますか?
ございません。全くの無料ですので、ご安心くださいませ。住所などは事前に確認いたしますので、ご安心くださいませ。
資料のみを郵送してもらうことは可能ですか?
大変申し訳ございません。原則として、面談ヒアリングをさせていただいてから貴社向けコンサルティング資料を作成し、それからご案内となりますので、資料だけの送付は対応しておりません。面談していただける方のみ、お得な仕組みを手に入れることができます。
この節税スキームは違法ではないですか?
全く問題ございません。
もし、不安なようでしたら、顧問税理士に確認していただければ、即解決いただけると思います。
税理士・公認会計士も驚きの究極の節税スキームなのです。
金融・保険営業をしていますが、お話は聞けませんか?

申し訳ございません。勝手ながら・・・秘匿性のある仕組みなので、関連業界の方はご遠慮していただいております。

税引き前利益が1,000万円です。500万円ほどの支払いをしたいと思いますが、可能でしょうか?
はい、もちろん対応可能です。ただし誠に勝手ながら、数名で全国からの問い合わせに対応しておりますので、法人様のみに限定させていただきます。
*法人化されていない方、同業者・保険関連・金融関係の方はサービスの対象外となります。また、お電話される方は必ず法人名と会社電話番号を告げてくださいませ。

残念ながら・・・                
節税対策や法人保険活用法について、このサイトでは誌面の都合上
これ以上詳しく説明を差し上げることができません。

その他「役員報酬・賞与対策プラン」等、魅力的な節減プランもいろいろございます。
ぜひ、お問い合わせフォームからご相談ください折り返し、ご連絡致します。

きっと満足していただける最新情報をお届けできると確信しております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

全国対応問い合わせ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事