中小企業社長の老後資金はいくらか?


社長の退職金として、いくら必要だと思いますか?

実際の方が5,000万くらいあれば十分だとお考えのようです。

果たして、本当に十分なのでしょうか?

65歳で勇退後、ご夫婦で老後20年過ごすと仮定しますと

年間いくら必要になるでしょうか。

5,000万÷20年÷12ヶ月≒208,000円

月額わずか20万円です・・・。

経営者として

会社の債務保証をしたり、会社に個人資金を貸し付けたりして

リスクを背負ってきたわりには、少ないと思いませんか?

退職金は税法上優遇されています。

どんなにもらっても所得税の半分以下にしか課税されません。

役員退職金係数で退職金を決める必要は全くありません。退職金を会社の緊急予備資金としても

活用できるのですから、これを使わない手はありませんね。


この記事の著者

法人の節税保険経営コンサルタント

オーナー経営者・中小企業・医療法人の 理事長・院長向けの生命保険を使った節税対策をご紹介。節税マニュアル無料配布中! 節税対策の法人保険の無料相談受付中!100社以上の実績!法人税相続税節税の決算対策が期末直前でも出来ます。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る