法人保険ランキング|節税効果を最大限に活用
全損保険消滅後の決算対策向け生命保険
全損保険消滅後の決算対策に

「福利厚生プラン」は、退職金制度や弔慰金・見舞金制度の資金準備に適したプランです。会社にとって重要な人材の確保と定着のための福利厚生制度を充実するプランです。

決算対策に使われる生命保険として伝統的に導入されてきたのが、養老保険です。これは福利厚生目的の従業員退職金として、生存と死亡の両方が必要になるので、昔から養老保険が使われてきました。

お勧めのプランとしては、初年度から積立され、最低でも60~65歳までの保障を備え、損金効果のある商品がベースとなるでしょう。

また最近の就業実態の傾向として、3年未満で退職、または転職の方が多いので、そのような傾向の会社には、3年満期の養老保険や投資運用型養老保険、確定拠出年金が良いかと思います。
3年満期の養老保険であれば、初年度から90%超あるので、短期で退職されても、個人法人双方とも掛け損ということがありません。

もちろん、3年後でも自動更新することができるので、長期間、解約金を91.5%以上に保ち続けることができます。もちろん、満期や保険金は会社のモデルに合わせて、設計することは可能です。

                                                                                                       
社長の年金
60歳以上のシニア役員向けの年金対策プランです。

 

本スキームを活用することで、
法人と個人の支出は“1円”も変えず社会保険料だけ大幅削減!
さらに、本来受け取れなかった年金を受け取れます・・・
社長自身の受取額は在職老齢年金の増加に加え、税負担も軽減することからダブルメリットを享受できます。しかも会社の余裕資金が大幅に発生するため、その余裕資金で会社経営の資源に活かしたり、退職慰労金として勇退時に受け取ることで、さらに資産を形成することが可能となります。 

社長の所得倍増節税法
税理士先生も驚く会社と社長の手元にお金を残すキャッシュ倍増節税法

私たちがこれまで数多くの社長や高所得者の方とお会いしてきましたが、残念なことに世間には間違った節税対策をしている人が、本当にたくさんいるものだと改めて考えさせられました。

私の知り合いの社長もそんな経営者の1人でした。その社長は、小さい会社ながらも競合他社に比べて、高い売上を上げていました。しかも、その社長は「会社のために節税対策もバッチリやってるよ」と言ってました。

ところが、ある日、その社長の会社が倒産したという噂が聞こえてきました。たまたま、メーカーの忘年会で、その社長にお会いして事情を尋ねたところ、意外な答えが返ってきました。

「会社に利益が出そうなときには、取引先との接待を頻繁にしたり、社員への臨時ボーナスや社用車を新規購入したりして、税金で持っていかれるよりは全然良いからね~。」

つまり、この社長がやっていたのは「儲けが出たら、単に経費を増やす」というキャッシュが残らない方法だったのです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事