事故・労働災害防止に関する無料相談サービスのご案内

事故・労働災害の無料相談

事故 労働災害|今流行の 事故 労働災害に伴う最先端の方法紹介。

 事故 労働災害に関しての効能が体感できる驚きの方策を提示!新たな必勝法を会得することで、あなたは間違いなく 事故 労働災害において、その影響力に息をのむこと請け合いです。

1.労働災害の状況と損害賠償判決

労働災害発生状況(死傷者・死亡者)は、平成元年~H25まで長い期間では減少傾向が見られるものの、H21年を境に、死傷者は増加、死亡者は横ばいの傾向。

1-1.労働災害・職業病関係の損害賠償判決

S建設会社:原木落下による事故・・・・損害賠償額1億6,524 万円 (判決年1994

N県センター :雪崩遭難 による事故・・損害賠償額8,486万円(判決年1995

Y興業 :解体中転倒 ・・・損害賠償額8,123  万円 (判決年2005

T鍛工所 :砥石破壊事故・・・損害賠償額7,595 万円 (判決年1977

1-2 . 過労自殺関係の損害賠償判決

最近では、メンタルヘルス関連の事故が多発しております。

D広告事件 :過労自殺 ・・・損害賠償額1億2,600 万円 (判決年1996

Oソース 事件:過労自殺・・損害賠償額1億1,000 万円 (判決年2000

某広告会社では、新卒女性社員が過労による、精神疾患を抱えながらも勤務し、結果、過労自殺した事件も発生。過労自殺は2回目となり、今後、厳しい行政処分が執行されることが予想される。

メンタルヘルスによる社員の就業不能は、会社の稼働力を低減させてしまうことから、大きな機会損失が生じる恐れがあります。また社会的なブランド力の失墜に繋がり、信用力の低下を招くことでしょう。懸念されている企業様は何らかの対応を早急に取るべきです。

 

2.サービス概要

  業務中の事故・労働災害の防止等に関して、提携コンサルタントが1~2回訪問し、
無料相談に応じさせていただきます。

こんな悩みはございませんか?

昨今、労災等々の事故が発生した/事故が減ら無い

職場で安全対応策が機能していない/手薄でないか不安である

職場に安全意識が浸透していない

メンタルヘルスでの就業不能者が社内で増えている

安全対応策を実施する上で、優先的に執り行うべき問題点が把握できていない

安全対応策の手を打っているが、思うようには効果が出ない

組織の中になにか要因があるのかもしれないが、把握できていない

                              等々

3.主なご相談内容と対応例

以下は主なご相談の内容と、訪問時の対応例です

ご相談内容:

労災事故や作業事故を減らしたい対応例:事故内容をヒアリングし、対策を提言
メンタルヘルス不調を予防したい 対応例:①現状や対策状況をヒアリングし、②ヒアリング結果を基に、改善策等を提言
社内の安全意識を把握したい 現状や対策状況をヒアリング。また安全意識の確認方法を説明。

安全衛生対応策について何から着手すべきか分からない 対応例:①現状や対策状況をヒアリングし、②ヒアリング結果を基に、改善策等を提言etc

 

その他テーマ例 :「ヒューマンエラー対策」「危険予知(KY)活動」「5S活動」「組織における安全文化の醸成」「労働安全衛生マネジメントシステム」「メンタルヘルス」「熱中症対策」など

損保お問い合わせ

 ※ご注意:本サービスはあくまで簡易的なご相談対応を想定しており、事故データの分析や報告書の作成などは含まれません。

 これら追加のご要望や作業量によっては有償のコンサルティングサービスのご利用をご案内させていただくことがございます。

 

 


関連記事

ページ上部へ戻る